DYK

DYK[ダイク]は大工道具の製造を通じて培ってきた精緻な技術と理念を活かして作られたキッチンツールブランドです。

「それぞれの道具には関係性があり、
取り合わせをすることで仕事は完成される。」

古くから、日本の大工たちは道具の取り合わせを考え、それらを巧みに使いこなすことで美しい建物を作ってきました。
料理も同じく、道具それぞれの相性を考え、
取り合わせることによって美味しい一皿を作ることができます。
それはまさに、使い手の美意識によって生み出された「取り合わせの妙」と言えるでしょう。

高儀は1866年、のこぎり鍛冶として三条町で創業。その後、のこぎりを始めとする大工道具を中心に刃物道具問屋として発展してきました。

道具を選ぶことは料理を作ることの第一歩。
DYKは料理をする人それぞれの美意識を引き出すキッチンツールとなるように作られています。

COMPANY

名 称 株式会社髙儀
本社所在地 〒955-8655 新潟県三条市塚野目2341-1
代表者 代表取締役社長 髙橋 竜也
創 業 慶応2年(1866年)
売上高 317億(2017年実績)
従業員数 369名
事業内容 建築・DIY用道工具、キッチンツール、ガーデニングツールの企画・製造・販売

PRODUCT DESIGN

鈴木啓太 Keita Suzuki [PRODUCT DESIGN CENTER]

プロダクトデザイナー。1982年生。2012年PRODUCT DESIGN CENTER設立。物の歴史を一歩進める「堅実な革新」をテーマに、醤油差しから鉄道車両まで、幅広い領域でプロジェクトを手がける。2015年『サンテティエンヌ国際デザインビエンナーレ』招待作家。2016年『HUBLOT DESIGN PRIZE 2016』ファイナリスト(アジア人初)。グッドデザイン賞 最年少審査委員。

www.productdesigncenter.jp

GRAPHIC DESIGN

村上雅士 Masashi Murakami [emuni]

グラフィックデザイナー。1982年生。2012年㎡|emuniを共同設立。グラフィックデザインを基軸にブランディング・パッケージ・広告など様々なデザインを手掛ける一方でタイポグラフィをテーマにした自身のアートワークを国内外で発表。主な仕事に90周年キリンレモンのリブランディング、高木酒造十四代Internationalなど。東京TDC賞、ONESHOW金賞など受賞多数。

www.emuni.co.jp

DYK